魚葬

光文社文庫

森村誠一

2014年11月12日

光文社

682円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

銀座の高級クラブのホステスだった加代は、虚飾に塗れた夜の世界に見切りをつけ、製薬会社の社長秘書こと“接待社員”に転身、若く洗練された美貌を武器に販路拡大に貢献した。そんなある日、社内で絶対的だった社長と忠実な部下の関係が崩れ、不審な事件が連続するー。人間社会の光と闇の危ういバランスをサスペンスフルに描いた表題作を始め傑作五編を収録。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

4

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください