狛犬ジョンの軌跡

光文社文庫

垣根涼介

2015年7月9日

光文社

836円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

太刀川要が深夜に遭遇した異様な大きさの黒犬は、半死半生の状態だった。動物病院へ駆け込むと、不可解なことに判別不能の犬種で獣医も戸惑うばかり。やがて始まった共同生活は、かたくなに孤独を貫く男の見慣れた風景を変えていく。そして湧き起こる、ある疑惑の真相とはー。ジョンの眼差しを通じて見つめる人の営み、滑稽さ、哀しみ。淡く胸に迫る大人のファンタジー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(8

starstarstar
star
3.98

読みたい

4

未読

2

読書中

0

既読

49

未指定

30

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (2)

Readeeユーザー

女性の魅力を伝える際の言語描写がステキ。

starstarstar
star
3.6 2021年03月01日

垣根作品の小説は女性の魅力を伝える際の言語描写がステキで秀逸。主人公になったつもりでその女性にグッと惹き込まれていく感覚を覚える。 俺たちに明日はないシリーズと同様にグイグイと読み進み読了。大好きな垣根さんの作品の中でもオススメしたい一冊。

全部を表示

哥武弘

(無題)

starstarstarstarstar 5.0

このレビューはネタバレ要素を含みます全て見る

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください