象の墓場

光文社文庫

楡周平

2016年3月11日

光文社

968円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

一九九二年、世界最大のフィルム会社ソアラの日本法人に勤務する最上栄介は、デジタル製品の販売戦略担当を命じられる。銀塩フィルム全盛の時代、最上は半信半疑のままデジタル製品の売り込みを模索するが、その奮闘を凌駕する速さで、写真業界にデジタル化の波が押し寄せる。技術の進歩によって駆逐される産業と超優良企業の転落を、圧倒的臨場感で描き出す。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(4

starstarstarstar
star
4.2

読みたい

8

未読

5

読書中

1

既読

44

未指定

29

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

 

starstarstar
star
3.9
0
2019年12月07日

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください