憑きものさがし

九十九字ふしぎ屋 商い中

霜島けい

2017年3月9日

光文社

638円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

古道具乙で買った枕が、夜な夜な赤子のように大声で泣き喚く。八幡様の祭りの絵に描かれた人物がいつの間にか増えていたー。「不思議」を売買する九十九字屋には、今日も怪しい品々が持ち込まれて…。るいは、憑きものの正体を求め、気はいいがちょっと迷惑な『ぬりかべ』の父親らとともに奔走する。切なくてほっこりとあたたかい、新感覚時代小説シリーズ第二弾!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstarstar
star
4.75

読みたい

0

未読

1

読書中

2

既読

7

未指定

7

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください