なごりの月

日本橋牡丹堂 菓子ばなし(二)

中島久枝

2018年1月11日

光文社

704円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

生まれ故郷の村に帰った小萩は、姉の婚礼の祝い菓子を作る。江戸でもっともっと菓子作りを学びたい。あらためてその思いを強くする小萩だった。ようやく戻った牡丹堂に、ある日颯爽と現れた一人の男。かつて見世にいた腕利きの職人だという。その男が、思わぬ騒動を引き起こしてゆくー。おいしいお菓子と人々の情に心がほっこりする、好評シリーズ第二弾!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstar
star
4.5

読みたい

16

未読

2

読書中

0

既読

73

未指定

18

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください