ふたたびの光

南蛮おたね夢料理(六)

倉阪鬼一郎

2018年1月11日

光文社

660円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

高波で家族すべてを失った扇職人・礼次郎。気落ちからか身に瘍ができ、医者の見立ても芳しいものではなかった。一匹の猫に亡き娘の名前をつけて可愛がっていたが、自らの命も、もう長くはない。夢屋のおかみのおたねは、見世で猫を引き受けることにするが…。厄災が立て続く江戸で、明日を信じ懸命に生きる市井の人々の姿を温かく描く、人気シリーズ第六弾。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstar
star
3.8

読みたい

16

未読

0

読書中

0

既読

46

未指定

6

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください