無罪

深谷忠記

2018年4月12日

光文社

836円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

愛する息子と妻をシンナー中毒の通り魔に殺された新聞記者の小坂宏樹、我が子を殺めながら無罪判決を受けた平沼香織。“心神喪失者の行為は、罰しない。心神耗弱者の行為は、その刑を減軽する”という刑法三十九条によって、人生を翻弄された二人が、時を経て交錯する。そして、新たな事件が!苦悩と葛藤が導く意外な結末とは!?心理ミステリーの傑作!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstar
star
3.65

読みたい

1

未読

0

読書中

0

既読

8

未指定

9

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください