探偵・竹花女神

藤田宜永

2016年2月17日

光文社

2,090円(税込)

小説・エッセイ

大阪のロッカー屋から、竹花に荷物が届く。開封してみても、ごみのようなものが入っているだけ。あいりん地区で行き倒れた男が、差出人に託したものだった。そして、ある女優から、竹花に届いた荷物が彼女の父親のものだと伝えてきた人を捜してほしいという依頼が舞い込む。大阪の探偵・明珍太郎の協力を得て、竹花は調査を続けるが、依頼人の女優はやがて何者かの手にかかりー。東京と大阪を舞台に、過去から現在にわたって巻き起こった事件の数々。その背後にあったものとは?

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください