砂漠の影絵

石井光太

2016年12月14日

光文社

1,870円(税込)

小説・エッセイ

2004年、イラク・ファルージャ。“首切りアリ”率いるイスラーム武装組織「イラク聖戦旅団」に5人の日本人が拉致された。アリたちの要求は、自衛隊のイラクからの即時撤退。しかし日本政府はこの要求を突っぱねる。日本国内では、人質の「自己責任論」が巻き起こり、処刑の期日は刻一刻と迫ってくる…テロリスト集団、彼らはいったい何を考え、何を目的にこのような組織となったのか?日本人被害者、テロリストの両方の立場から描かれる、現実にギリギリまで肉迫したストーリー。闇に包まれた身代金交渉の実態や、イスラーム過激派組織の内情、テロリスト一人ひとりの実人生、そして戦争から遠く離れた私たち日本人の生き様が、鮮明に炙り出される!戦争とは、家族とは、命とは何かー最強度の覚悟をもって読むべき、著者渾身の傑作長編小説。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstar
star
3.9

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

16

未指定

1

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

ひさだかおり

書店員@精文館書店中島新町店

(無題)

--
0
2020年01月16日

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください