動物警察24時

新堂冬樹

2020年10月22日

光文社

1,870円(税込)

小説・エッセイ

東京都に実験的に設置された動物保護を目的とする“東京アニマルポリス”通称TAPは警察や動物愛護相談センターと協力しながら、日夜活動している。かつて動物看護師として働き、現在はTAPで精力的に活動する北川璃々。後輩の中島涼太や警察官の天野広大らとともに、公園でのペンキ弾事件、タレントの愛犬虐待疑惑、ペット誘拐事件、多頭飼育崩壊などを解決していくが、ついにはTAP存続に関わる事件がー。彼女らは、この危機にどう立ち向かうのか!?

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstarstar
star
4.25

読みたい

7

未読

0

読書中

0

既読

18

未指定

9

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

しまゆ

書店員@

動物警察を作って欲しい

starstarstar
star
3.5
1
2021年02月25日

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください