妃は船を沈める

有栖川有栖

2008年7月31日

光文社

1,760円(税込)

小説・エッセイ

所有者の願い事を3つだけ、かなえてくれる「猿の手」。“妃”と綽名される女と、彼女のまわりに集う男たち。危うく震える不穏な揺り篭に抱かれて、彼らの船はどこへ向かうのだろう。-何を願って眠るのだろう。臨床犯罪学者・火村英生が挑む、倫理と論理が奇妙にねじれた難事件。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstar 3

読みたい

3

未読

4

読書中

0

既読

22

未指定

29

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください