風の轍

岡田秀文

2008年9月30日

光文社

2,530円(税込)

小説・エッセイ

時は戦国。越前随一の商家「鍋谷」の娘・志乃は何の苦労もなく暮らしていた。しかし、父の悪質な商いが発覚、一族は処刑。命からがら逃げ出した志乃だが、それは激浪の如き人生の序章に過ぎなかった。身分と階級、富と力が入れ替わらんとする戦国の世を生き抜いた女商人の波瀾万丈の半生。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください