玩具店の英雄

座間味くんの推理

石持浅海

2012年4月30日

光文社

1,540円(税込)

小説・エッセイ

科学警察研究所の職員・津久井操は、事件を未然に防げるかどうか、の「分かれ目」について研究をしている。難題を前に行き詰まった操が、大学の大先輩でもある大迫警視正にこぼすと、ひとりの民間人を紹介された。「警察官の愚痴を聞かせたら日本一」と紹介された彼は、あの『月の扉』事件で活躍した“座間味くん”だったー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(6

starstarstar
star
3.57

読みたい

0

未読

2

読書中

0

既読

16

未指定

40

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください