冬天の昴

あさのあつこ

2014年3月31日

光文社

1,760円(税込)

小説・エッセイ

「親分、心など捨てちまいな、邪魔なだけだぜ」たった独りで、人の世を生きる男には、支えも、温もりも、励ましも無用だ。武士と遊女の心中は、恋の縺れか、謀か。己に抗う男と情念に生きる女、死と生の狭間で織りなす人模様。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(4

starstarstarstar
star
4.5

読みたい

2

未読

0

読書中

4

既読

41

未指定

16

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください