消費者契約と民法改正

消費者契約の法理論第2巻

後藤巻則

2013年12月31日

弘文堂

4,950円(税込)

人文・思想・社会

民法が想定する「人」とはなにか。消費者契約に関する立法・判例・学説の進展をふまえ、民法と消費者法の関係に迫る。消費者契約に関わる民法の改正課題を検討したアクチュアルな論集。民法改正が消費者法の統合か、この難問への道すじを示す必読の書。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください