連続体力学の基礎

中村喜代次 / 森教安

1998年10月31日

コロナ社

3,080円(税込)

科学・技術

本書は、連続体力学の基礎の部分をできるだけやさしく記述するよう心掛けた。ここには、弾性力学、塑性力学、流体力学、粘弾性力学などを学ぶ際に必要な基礎が与えられている。本書の構成は、大きく分けて三つの部分からなる。最初は、三次元空間内で連続体の運動表現に欠かすことのできない言語としてのベクトルとテンソルの説明である。続いて、物体の変形に関する幾何学的考察と変形を起こす原因である応力などの力学的考察、さらに物理学の保存則に基礎をおく場の方程式の誘導である。最後に、各物質の力学特性を表現する構成式の説明と、固体と流体に対するそれぞれの応用例について述べた部分で構成されている。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください