白銀を踏み荒らせ

雫井脩介

2002年4月30日

幻冬舎

1,870円(税込)

小説・エッセイ

日本人選手を妨害するのは誰だ!?栄光とは無縁の日本アルペンスキー界だったが、天才・石野兄弟の出現で表彰台を狙えるところまでやってきた。しかし兄の石野ケビンが競技中に事故死。弟マークはそのショックからスランプに陥った。メンタルコーチに雇われた元柔道金メダリスト望月篠子は、マークの不安を取り去るため、ケビンの事故の真相を調べるが…。アルペンスキー界の底知れぬ闇にメンタルコーチ望月篠子が挑む。『虚貌』の著者が切り拓くスポーツミステリーの新境地。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください