工学部・水柿助教授の解脱

Gentosha novels

森博嗣

2009年12月31日

幻冬舎

911円(税込)

小説・エッセイ / 新書

本シリーズの特徴は、話がつぎつぎに些末な方へ、否、多方面へと逸れていくために、なかなか話が進まない、本題が何であったかを忘却してしまう、もともと本題などない、というまさに人間の思考、人間の会話、人間の会議、人間の委員会、人間のワーキンググループ、人間の国会、すなわちほとんどの人間関係を象徴している点にある。実名は愛犬パスカルだけだけど、限りなく実話に近いと言われるM(水柿)&S(須摩子)シリーズ、完結。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

3

未指定

28

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください