うつくしい人

西加奈子

2009年2月28日

幻冬舎

1,430円(税込)

小説・エッセイ

他人の苛立ちに怯え、細心の注意を払いながら重ねていた日々を自らぶちこわしにした百合。会社を辞め、「ただの旅行」で訪れた島のリゾートホテルのバーにいたのは、冴えないがゆえに百合を安心させるバーテンダー坂崎と、暇を持て余す金髪のドイツ人、マティアスだった。美しい瀬戸内海の離島、そこしかないホテルで不思議に近づく三人の距離。地下には、宿泊客が置いていく様々な本が収められた図書室がある。本に挟まっていたという一枚の写真を探すため、ある夜、三人は図書室の本をかたっぱしから開き始めるー。会社を逃げ出した女、丁寧な日本語を話す美しい外国人、冴えないバーテンダー。非日常な離島のリゾートホテルで出会った三人を動かす、圧倒的な日常の奇跡。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(6

starstarstar
star
3.93

読みたい

7

未読

2

読書中

0

既読

42

未指定

9

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

トンカツ

感想

starstarstar
star
3.9 2020年04月21日

誰かに決められた自分を生き続けた蒔田百合と自分であり続けた姉の対比が美しかった。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください