歓喜の仔(上)

天童荒太

2012年11月30日

幻冬舎

1,650円(税込)

小説・エッセイ

愛も夢も奪われた。残されたものは、生きのびる意志だけだった。『永遠の仔』『悼む人』を経て、天童文学はここまで進化を遂げた。日本の現実を抉り、混迷する世界と繋がり、私たちの魂を源から震憾させる金字塔、ここに。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstarstar 5

読みたい

4

未読

2

読書中

0

既読

23

未指定

10

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

ひさだかおり

書店員@精文館書店中島新町店

(無題)

--
0
2020年01月16日

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください