刺客どくろ中納言

天下盗り、最後の密謀

岡田秀文

2013年4月30日

幻冬舎

1,650円(税込)

小説・エッセイ

小田原合戦の鍵となる「伊達政宗遅延」-その謎を知った時、真の勝者が見えてくる!天正十七年(一五八九)、豊臣家の外交官・富田一白が耳にする「どくろ中納言」なる謎の符牒ーその言葉が意味する驚愕の事実。奥州の地で伊達政宗が暴れ、名胡桃城をめぐって真田と北条が衝突…惣無事令によって引き起こされた「小田原合戦」の陰で、天下の行方を左右する密謀が静かに動き出し、新たな歴史のページが作られようとしていた。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください