龍宮の鍵

田中経一

2016年8月31日

幻冬舎

1,760円(税込)

小説・エッセイ

高校を卒業したばかりの小麦は、ホテルのパート従業員だった父・細川幹夫が放火し、自殺を図ったホテルで素性を隠しながら働くことになった。父の自殺がきっかけで“ワケありホテル”となってしまった『クラウンホテル』だが、戦前はまるで龍宮城のような、想像を絶するほど華やかなホテルだった。ホテルには宝物が眠る金庫があり、その鍵を巡っていくつもの人生が狂わされていく。なぜ小麦の父・細川幹夫は自殺しなければならなかったのか。そして、金庫に隠された宝物とは何なのか。時を超え大きな謎が解き明かされていく極上のミステリー小説。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstar 4

読みたい

3

未読

5

読書中

0

既読

6

未指定

24

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください