永遠の仔(4)

幻冬舎文庫

天童荒太

2004年11月30日

幻冬舎

586円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

笙一郎と梁平の三人だけで母の葬儀を終えた優希は、悲しみを振り払うように再び病院に戻っていた。失踪を続けていた聡志は笙一郎の前に現れ、事件の真相と姉への思いを語り始めるが、捜査の手が伸びたことで再度逃走を図り、交通事故に遭い病院に搬送される。意識を取り戻した聡志に、優希は長年抱えてきた秘密を告白する決意を固めたが…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(11

starstarstar
star
3.8

読みたい

4

未読

8

読書中

0

既読

64

未指定

45

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください