永遠の仔(5)

幻冬舎文庫

天童荒太

2004年11月5日

幻冬舎

737円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

母に続き弟まで喪ってしまった優希、母と優希への愛情にもがき苦しみ続けた笙一郎、そして恋人を殺害されてしまった梁平。三つの無垢なる魂に最後の審判の時が訪れるー。十七年前の「聖なる事件」、その霧に包まれた霊峰に潜んでいた真実とは?“救いなき現在”の生の復活を描き、日本中に感動の渦を巻き起こした永遠の名作、衝撃の最終章。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(15

starstarstar
star
3.89

読みたい

4

未読

10

読書中

1

既読

81

未指定

48

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください