紫苑の絆(下)

幻冬舎文庫

谷甲州

2006年10月31日

幻冬舎

796円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

ソ連軍に身を投じていた氷川の命で松涛禎は小田桐が指揮官になっている民族派武装集団討伐のため、豪雪の山中に駆り出された。一方、千佳は中国系密輸組織に軟禁されていた。窮地を脱した二人を各組織が追う。その背景には小田桐が抱えた謎ー日本陸軍が闇に葬ろうとする秘密が…。極寒の地を舞台に“愛と矜持”を精密な筆致で綴る衝撃巨編。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください