孤独の賭け(下)

幻冬舎文庫

五味川純平

2007年3月31日

幻冬舎

586円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

総合娯楽施設建設という一大プロジェクトのために、危険な橋をも渡った千種だったが、経済不況のあおりで再起不能に近い打撃を受けてしまう。金の無心にくる千種には、かつて百子が愛した男の面影はもはやなかった。信じられるものが金しかなかった孤独な人間たち。人の抱える深い欲望の軌跡とその果てを描いた大巨編、慟哭の最終章。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください