65

幻冬舎文庫

乙武洋匡 / 日野原重明

2007年10月31日

幻冬舎

502円(税込)

小説・エッセイ

生きること、働くこと、年を重ねること、人との接し方、時間の使い方、家族のあり方…最もエッセンシャルなテーマを、年齢差65の二人が語り尽くす。「人生というのは、喜びよりも悲しみの方が多い」(日野原)、「乙武洋匡という木を、人との出会いによって豊かにしていきたい」(乙武)など、心に響く言葉が満載。何度も読み返したい対談集。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください