工学部・水柿助教授の逡巡

幻冬舎文庫

森博嗣

2007年10月31日

幻冬舎

660円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

水柿君は、N大学工学部助教授のままミステリィ作家になった。なんとなく小説を書き始めたら、すぐに書き上がり、それをミステリィ好きの妻・須摩子さんに見せたが、評価は芳しくなかった。しかし出版社に送ってみたら、なんと本になって、その上、売れた!時間があれば小説を書き続け、幾星霜、いまではすっかり小説家らしくなったが…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstarstar 4

読みたい

6

未読

9

読書中

0

既読

31

未指定

60

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

森博嗣「工学部・水柿助教授の逡巡」

--
0
2019年12月27日

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください