四十九日

突然、息子が逝ってしまった

幻冬舎文庫

蔭山昌弘

2008年2月29日

幻冬舎

628円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

どうして落ちたんだ。なんで死んじまったんだ…パラグライダーに熱中していた十九歳の息子が、ある日突然事故死した。つらい、苦しい、悔しい。やがて日常に戻り教鞭をとるが、行き場のない絶望感に打ちのめされる。癒えない悲しみを、人はどう乗り越えるのか。四十九日の法要を終えるまでの心の動きを、実父が克明に記した感動の一冊。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

1

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください