14歳

幻冬舎よしもと文庫

千原ジュニア

2009年7月31日

幻冬舎

502円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

14歳の少年はある日、部屋にカギを付け、引きこもりを始めた。僕は誰になるんだろう。いつこの部屋を出ることができるのだろうー。見えない将来への不安。過ぎていく時間への焦り。「普通」を求める大人への苛立ち…。様々な思いを抱えて少年は自分探しの旅に出る。「戦うべきリング」を求めて彷徨う苦悩を描いた大ベストセラー小説。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(4

starstarstar
star
3.85

読みたい

5

未読

0

読書中

0

既読

22

未指定

22

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

千原ジュニア「14歳」

--
0
2019年12月18日

みんなのレビュー (2)

Readeeユーザー

(無題)

starstarstar
star
3.7 2020年02月20日

千原ジュニアの自伝的小説。 p.34 「お母さん。僕が僕のためき走るべきレース場を見つけるまでもう少し待ってください。 お父さん。僕が僕のために進むべき道を見つける出すまでもう少し我慢してください。」 14歳のころの千原ジュニアの話。 引きこもりで、学校に行けば陰口をたたかれ、親には泣かれた。 引きこもりではなかったけど、自分が一生懸命やるべきレースじゃないところでがんばる必要がないというのは分かる。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください