新春歌会

酔いどれ小籐次留書

幻冬舎時代小説文庫

佐伯泰英

2011年2月28日

幻冬舎

660円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

想い人・おりょうの芽柳一派旗揚げ新春歌会を控えた師走。慌ただしい日々を送る小籐次は、永代橋から落下した職人を救う。だが、男は謎の花御札を託して落命。そこには「大黒町」という江戸にはない地名が記されていた。花御札は何を意味しているのか。探索を始めた小籐次は、やがて唐人も絡む大謀略を突き止める。緊迫感溢れる展開の第十五弾。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstar
star
3.67

読みたい

1

未読

0

読書中

0

既読

15

未指定

29

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください