3月30日

幻冬舎よしもと文庫

千原ジュニア

2011年3月31日

幻冬舎

502円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

「3月下旬。夜11時過ぎ。僕はバイクにまたがったーそして。何も見えなくなった」。突然の大事故で笑いが創れなくなった、お笑い芸人の僕。それでも毎日病室のドアを叩いてくれる人たちがいた…。「もう一度、笑いたい。絶対に」。千原ジュニアが挫折、失恋、死の危機で感じた仲間への感謝、そして笑いへの渇望を赤裸々に綴った自伝的小説。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

1

既読

2

未指定

7

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください