道徳不要

俺ひとり

幻冬舎文庫

白川道

2011年10月31日

幻冬舎

586円(税込)

小説・エッセイ

博打打ちとしても知られる無頼派作家が、指針をなくして平成ニッポンに憂いの一刀を浴びせる。茶番のごとき民主党政治、ダイナミズムをなくした経済、進化と共に失われた人情…。修羅の道を歩んできた男だからこそ冷徹に見定めることができる、現代社会の腐敗とは?そして、今こそ求められる日本的美徳とは?切れ味抜群の痛快エッセイ。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください