砂冥宮

幻冬舎文庫

内田康夫

2014年10月31日

幻冬舎

660円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

「金沢へ行く」。そう言い残した老人が、石川県「安宅の関」で不審死を遂げた。彼に泉鏡花についての取材をしたばかりだった浅見光彦は、死の真相を確かめに金沢へ向かう。老人の足跡から見えたのは戦後の米軍基地問題を巡る苦い歴史と、さらに迫る闇だった。封印したはずの過去に翻弄される人々。浅見光彦が時を超えて真実を追う社会派ミステリ。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

16

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください