有頂天家族二代目の帰朝

幻冬舎文庫

森見登美彦

2017年4月30日

幻冬舎

847円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

狸の名門・下鴨家の矢三郎は、親譲りの無鉄砲で子狸の頃から顰蹙ばかり買っている。皆が恐れる天狗や人間にもちょっかいばかり。そんなある日、老いぼれ天狗・赤玉先生の跡継ぎ“二代目”が英国より帰朝し、狸界は大困惑。人間の悪食集団「金曜倶楽部」は、恒例の狸鍋の具を探しているし、平和な日々はどこへやら…。矢三郎の「阿呆の血」が騒ぐ!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(16

starstarstarstar
star
4.11

読みたい

27

未読

25

読書中

6

既読

145

未指定

89

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

草野雅宗

有頂天家族シリーズ第二弾

starstarstarstar 4.0 2019年11月22日

前作に引き続き、読み終えるのに日にちがかからなかった。 この世界観はハマる人は大好きになると思う。 2作目では新たな重要キャラクターが登場し 3部作の最終作に向けてますます展開が興味深くなってきた。 次の作品に大いに期待したいし、出版され次第購入するつもりだ。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください