牛丼一杯の儲けは9円

「利益」と「仕入れ」の仁義なき経済学

幻冬舎新書

坂口孝則

2008年1月31日

幻冬舎

792円(税込)

ビジネス・経済・就職 / 新書

牛丼屋は安さの限界を追求する。よって並盛り一杯350円の儲けは、およそ9円。だが、利益を伸ばす余地はまだある。材料費が10円下がれば、同じ値段でも儲けは倍になるのだ。かように、どんな業種も仕入れの工夫でさらに利幅を増やすことができる。いってみれば、仕入れほど、売り手と買い手が激しい価格交渉を繰り返し、互いの知恵を戦わせる分野もない。仕入れがわかれば、モノの値段と利益の本質が見える。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstar
star
2.13

読みたい

1

未読

1

読書中

0

既読

7

未指定

8

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

mxa

安く仕入れて高く売る

starstar
star
2.9 2020年09月05日

商いは安く仕入れて高く売るというのが原則ですが、牛丼一杯9円と現実は薄利多売。では、質を落とす、最悪不正上等で商売するのか?この辺りの著者の考えが述べられています。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください