生命保険はヒドい。騙しだ

幻冬舎新書

副島隆彦

2019年3月31日

幻冬舎

858円(税込)

美容・暮らし・健康・料理 / 新書

「見直し」「定期保険」「特約」にやられ、払い込んだ1400万円もパー!!一体、保険とは何なのか。その仕組みと、保険会社のいいようにされてきた経緯を詳らかにした“実録・私がバカでした”読本。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstar
star
2.45

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

8

未指定

17

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

クレーマー

starstar
star
2.7 2020年06月01日

生命保険が酷いことはわかる。 しかし、保険会社に対する主張が支離滅裂で、ただのクレーマーにしか見えない。 とりあえず、契約段階で確認もせず契約した自身の非は棚にあげて、後出ししても社会じゃ詐欺とは言えないよ。 とはいえ、保険内容が酷いのも事実。 そのための、対策や、どういったものに入れば良いかなどを論じてほしかった。 書内では、週刊誌の保険特集をバカにしてるが、よっぽどそちらの方がためになる。 いずれにせよ、色々な角度から見ることが大事だ。 個人的には、生保は、専業主婦と小さい子供がいる場合だけ入れば良いと思う。それ以外は不要。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください