人間の器

幻冬舎新書

丹羽 宇一郎

2021年3月25日

幻冬舎

924円(税込)

人文・思想・社会 / 美容・暮らし・健康・料理 / 新書

「器が大きい人」というと、どんな人をイメージするだろうか。著者は「自分に何の利益がなくとも、他人のために行動できる人」だという。私欲を封印し、他人のために何かを成すのは、そう簡単ではない。器を大きくしようと無理をすると、かえって器は小さくなってしまう。ならば、どうすればいいのか?「自分にしかできないことを、やる」「何が起きても“それがベスト”と考える」「ときに積極的に諦める」「自分を捨てたとき、人間の器は大きくなる」等々、本当の意味で器を大きくするための心のありようや生き方について詳述。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(10

starstarstar
star
3.4

読みたい

4

未読

3

読書中

0

既読

28

未指定

42

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください