頭がよくなるまじめな話

中山正和

1995年1月20日

産業能率大学出版部

1,601円(税込)

人文・思想・社会

「頭がよい」というのは、トラブル解決法や未来予測、創造性が直観的にひらめくことである。ところが、直観は必死に考えた後の無意識状態にもたらされることが多い。では、無意識をコントロールするにはどうしたらよいか。本書はNM法創始者である著者がわかりやすく説く頭の訓練法である。個人から企業まで応用できる、創造性開発の集大成である。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください