鎮魂行法論新装版

近代神道世界の霊魂論と身体論

津城寛文

2000年9月30日

春秋社(千代田区)

3,520円(税込)

人文・思想・社会

神道の行法とは何か。近代神道および神道系新宗教における「行法」=“鎮魂”の諸相を、シャーマニズム論、身体境界論の視点から解析し、日本的霊性の深層に迫る意欲作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください