いのちと性の物語

人格的存在としての人間の倫理

竹内 修一

2023年9月20日

春秋社

2,750円(税込)

人文・思想・社会

いのちの尊厳を守るために。安楽死、優生思想、死刑、妊娠中絶、性と結婚ー多様な価値観と急速に変化する社会状況で、現代人が直面する生命の難問に向き合う指針はあるか?「いのち」「人格」「徳」「良心」といったキー・ワードを用い、読者とともに考え抜く強靭な思索。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください