燃える黄金王国

奥州藤原一族の野望

春陽文庫

風巻絃一

1993年7月10日

春陽堂書店

598円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

奥州藤原一族四代をテーマに描く名手風巻絃一の書下ろし本格歴史ロマンの傑作編。検非違使の志という職を捨て、京を脱出してきた神無木式部は、琵琶湖近くの鏡の宿場に泊まっていた。夜半、突然に起こった物音は、羽黒山の大天狗藤沢ノ入道一味の襲撃であったが、剣にすぐれた式部はたちまちにして入道一味を斬り倒してしまった。この事件で、式部は平泉屋敷を宰領する堀弥太郎吉次、通称金売り商人と呼ばれていた男の知遇を得た。天平二十一年、陸奥の国から黄金が出た。平泉は初代清衡以来、鎮守府将軍の三代秀衡と繁栄を続けた。源九郎義経も身を寄せ、式部と知り合うことになって…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください