月と手袋

春陽文庫

江戸川乱歩

1987年7月31日

春陽堂書店

492円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

シナリオ・ライター北村克彦は高利貸し股野重郎の妻あけみと通じ、股野を絞殺した。夜空には化けもののような巨大な赤い月がでていた。まるで凶事の前兆のように…。克彦とあけみは股野殺しを巧みなトリックでのがれようと図り、すべては順調にいったかと思われたが、その奸計のまえに立ちはだかったのは警視庁捜査一課の花田警部であった。そして、花田の背後にいた名探偵こそ、ご存じわれらの明智小五郎。江戸川乱歩が昭和30年に発表した数少ない戦後作品の佳作「月と手袋」をはじめ、その独自なる妖美の世界をくりひろげる傑作中編「地獄風景」などを収めた乱歩傑作集!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstar
star
4.7

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

5

未指定

5

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください