黒蜥蜴・湖畔亭事件

春陽文庫

江戸川乱歩

1987年11月30日

春陽堂書店

576円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

「美しい女の左の腕に、1匹のまっくろに見える蜥蜴がはっていた。それが彼女の腕のゆらぎにつれて、吸盤のある足をよたよたと動かして、はいだしたように見えるのだ。」怪奇なとかげの刺青をもつ世紀の女賊黒蜥蜴!緑川夫人に変装してねらうえものは何!?大阪の大宝石商・岩瀬庄兵衛の娘・早苗の誘拐をたくらむ黒蜥蜴は、「今夜12時を注意せよ」と不敵な電文で挑戦してきた。それを受けて立つは名探偵明智小五郎。「人間イス」のトリックでみごとに早苗誘拐をはたした黒蜥蜴は、娘の命とひきかえに岩瀬氏所蔵のダイヤモンド・エジプトの星を要求してきた。取引場所は通天閣展望台で…。三島由紀夫の脚色で上演され、数々の話題をよんだ傑作。他に「湖畔亭事件」を収録。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

4

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください