頭がいい上司の話し方

祥伝社新書

樋口裕一

2007年9月30日

祥伝社

814円(税込)

ビジネス・経済・就職 / 新書

上司の何気ない言葉ひとつで、部下はやる気にもなれば、腐りもする。若者が三年で辞める時代となって、上司としての話し方をますます難しく感じている人も多いだろう。しかし、基本は簡単、常に「論理的な話し方」を心がけるだけだ。「カラ威張り上司」、「面子にこだわる上司」、「何でも自分の手柄上司」など、部下に嫌われる上司に共通するのは、論理でなく「感情」でものをいう点だ。部下に疎まれ、バカにされていては、けっして仕事の成果を上げることはできない。-論理を中心に据えた話し方の基本から、部下のタイプに応じた話し方、頭が悪い上司の共通点、そして経営者に求められる話し方まで、「会社での話し方のすべて」がこの一冊に。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(4

starstarstar
star
3.3

読みたい

1

未読

0

読書中

0

既読

7

未指定

9

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください