幻影の覇王

暗黒拳聖伝3

Non novel

高千穂遙

1995年2月28日

祥伝社

900円(税込)

小説・エッセイ / 新書

日本最大の暴力団極東荒神会総長の姪にして、天才武道家の美少女橘ひかりが誘拐された。犯人はかつて荒神会に絶縁された傘下組織の組長挑流誠人。総長瀬川木は地位回復を要求する挑流との取引を決意するが、折しも橘家に居合わせた全国の組織所属の五人の格闘士は同行を求めた。いよいよ挑流と瀬川木が会見場所に臨んだその時、ひかりの身に異変が…。はたして取引きの行方は。彼らの運命は。著者渾身の暗黒拳聖伝“覇王シリーズ”最終巻。現代格闘小説の金字塔ここに完成。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください