巴里人形の謎

長編本格推理

Non novel

太田忠司

1996年2月29日

祥伝社

911円(税込)

小説・エッセイ / 新書

「私は人形に殺される」謎の言葉を残し、新進人形作家の沖村嶺がパリで首吊り自殺した。現場では、赤いドレスの人形が階段を昇る姿を目撃されていた…。三年後、奇怪な事件は日本で復活した。沖村の伝記出版記念会の夜、作者の牧准平が殺され、血染めのナイフを持った沖村作の人形が発見されたのだ!沖村自殺の秘密こそが解決の鍵なのか?二人の同級生で作家探偵の霞田志郎は、高校時代の追憶の中に真相を追う。だが、殺人者の次なる標的は探偵本人だった!好評本格推理シリーズ第五弾。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

1

未読

0

読書中

0

既読

4

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください