夜叉の剣

長編時代小説

ノン・ポシェット

峰隆一郎

1992年7月31日

祥伝社

586円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

時は元禄。犬を筆頭に、鳥獣を殺傷した者は斬首、島流しという悪法〈生類憐みの令〉に江戸庶民が怯えていた時代ー。直参旗本の水流丸石見は、屋敷に犬の死骸を投げ込まれ、流罪、一家は断絶した。誰が、何のために罠にはめたのか?復讐の鬼と化した石見は、8年をかけて島を脱走し、江戸に舞い戻った。「死ぬ覚悟なくして剣は抜けぬ」立身流必殺の白刃が舞う。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください