旅路の死角

長編本格推理小説

ノン・ポシェット

斎藤栄

1993年10月31日

祥伝社

576円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

「総理の椅子に見知らぬ死体が座っている!」霞が関の行政機関ビルから入った衝撃の110番。無人の会議室で座したまま硬直している毒殺体は、旅行帰りの大学生と知れた。手がかりは、その旅に?-思いに駆られた姉は自ら山陰・山陽路と弟の足跡を追ううち、事件の朝、彼がまだ広島にいたことを知る。殺害時刻は昼、帰り着けるはずのない東京に、なぜ弟はいたのか。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください