霧隠才蔵

長編時代小説

ノン・ポシェット

火坂雅志

1997年1月31日

祥伝社

680円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

関ケ原合戦後、徳川家康は江戸に幕府を開き、天下の大勢は決したかにみえた。が、徳川家の根底を覆す巻物「愛宕裏百韻」の存在が明らかとなった。幕府に仕える伊賀忍者・霧隠才蔵は、その探索を命じられた…。一方、豊臣家再興を画す真田幸村も、巻物奪取のため甲賀忍者・猿飛佐助を放った。大坂の陣前夜、才蔵と佐助は雌雄を決する“敵”として初めて相見えた。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

1

既読

4

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください